BLOG

里山のオーベルジュ 薪の音

白川郷、五箇山近く、テラスに出ると長閑な原風景。
時間が止まったかのような長閑な風景、
田んぼ・小川・畑・小さな丘・林・森・山が見えて
すこし冷たい風が吹き抜ける。
暖炉には薪がくべられて一日中燃えている。
豪華とかキラキラしたものは何ひとつ無いことが
普段見えないもの、忘れていた記憶の中の何かを
見せてくれる癒しのお宿でした。