BLOG

BREZZA SEISHIN 滞在型医療美容施設/熱海②

熱海のMEDICAL SPA BREZZA SEISHIN
(メディカル スパ ブレッツァ セイシン)
http://www.brezza-seishin.jp
全国7箇所に展開する「聖心美容外科」
http://www.biyougeka.comの運営業務を
サポートする株式会社メディクルードが運営しています。
 
「熱海温泉ホテル 湯治館 そよかぜ」の別館1Fに位置し
メディカルスパとクリニックを併設しています。
ホテルには温泉のほか、岩盤浴施設もあり、
ヒーリングとデトックス、そして治療をトータルで行える
宿泊施設です。

20080517123936.jpg
20080517123754.jpg
20080517123811.jpg

 
メディカルスパでは、「エンダモロジー」

「インディバ」などの施術が受けられ、
また併設するクリニックでは、
美肌注射やレーザー、光治療など
アンチエイジング美容医療が可能です。

20080517123820.jpg
20080517123844.jpg

20080517123953.jpg 
これからどんどん再開発の手が入り
生まれ変わってゆく予感のある「熱海」。
 
「女友達とおこもり美容」「母と娘でキレイになる旅」
「夫婦で若返り」など
いろいろなスタイルで利用ができそうです。
20080517123912.jpg
20080517124013.jpg
20080517124107.jpg      
20080517124122.jpgMEDICAL SPA BREZZA SEISHIN
(メディカル スパ ブレッツァ セイシン)
 
熱海温泉ホテル 湯治館 そよ風 
別館 「熱海閣」1F
住所:静岡県熱海市田原本町4-16
TEL:0120-606-022

by S

BREZZA SEISHIN 滞在型医療美容施設/熱海①

GRACE副編集長の鹿田さんと、
美容・医療ジャーナリストの海野さんに
今回お越し頂きましたのは、熱海にあります
滞在型医療美容施設
「BREZZA SEISHIN」http://www.brezza-seishin.jpです。
 
温泉と岩盤浴を備えたホテルに、
「アンチエイジング」を得意とする聖心美容外科が、
医療美容を提供する施設を開設しています。
リゾート気分を楽しみながら、お泊り美容ができるこの施設、
まずは「酸素バー」をご体験いただきました。
「メントール」「レモン」「オレンジ」「ライム」の4種の香りがあり
効果や好みによってカクテルできます。
良い香りの酸素が出てくるノズルを鼻近くにもってきて
おもいっきり深呼吸・・・
うーん、これはいい!頭がスッキリしてきます。
 
鹿田さんにも海野さんにも
「首から下げて歩きたい!」と大好評でした!
20080517124204.jpg
20080517124319.jpg
20080517124416.jpg 
MEDICAL SPA BREZZA SEISHIN
(メディカル スパ ブレッツァ セイシン)
住所:静岡県熱海市田原本町4-16
       そよ風 別館 「熱海閣」1F
TEL:0120-606-022

by S

イタリア/ミラノ BVLGARI HOTEL&RESORTS MILANO

ハイ!
これが今をときめくブルガリホテルの室内でございます。
噂にたがわぬセクシー&ゴージャスなドアマンが出迎える
エントランスからセキュリティが厳しいお部屋へ
案内されると・・・窓の外は邸宅の緑が見えて
リビング⇒べッドルーム⇒バスルームと
ガラスの扉&カーテンで仕切るお部屋は新鮮な感じ。
そして、眼下にはお庭のソファーが見えて・・・ス・テ・キ!!!

20080428172225.jpg


 


20080428171537.jpg20080428171617.jpg
20080428171551.jpg

20080428171653.jpg
20080428171714.jpg
20080428171744.jpg
20080428171821.jpg
20080428171852.jpg
20080428171912.jpg
20080428171934.jpg
20080428171957.jpg
20080428172133.jpg
20080428172150.jpg

20080428172256.jpgそれにしても、
イタリアモダンなバスルームの真ん中に鎮座増しますは・・・
大理石のバスタブ・・・20080428171403.jpg20080428171423.jpg20080428171444.jpg20080428171459.jpg20080428171520.jpg
ターンダウンした夜、部屋へ戻るとたくさんのローソクが
バスタブの淵にたかれて薪能!?以上に
隠微な光がきらめきます。
確かにステキですが、
でもでも、これって火事が心配って思うのは・・・
日本人だからなのでしょうか???
 
○Bvlgari Hotel&Resorts
   Via Fratelli Gabba 7b 20121 Milano
   02-8058051

by K

 

イタリア/ミラノ 15分間だけ鑑賞!?ダヴィンチ最後の晩餐

日本からかなり前に申し込んで・・・
その事前予約があってもなんと並んで
整列して鑑賞することができるのは、15分だけ。
・・・それでも、見てください!
とだけ申上げておきます。。。
 
レオナルド・ダ・ヴィンチが、
旧修道院の食堂になんと2年もかけて書き上げた
世界遺産「最後の晩餐」。
15世紀半ばにドミニコ派の修道院を改築。
壮麗なゴシック建築に多角ドームが加わった建築は
ルネッサンス期の傑作ともいえる建造物。
20080427141349.jpg
20080427141417.jpg
20080427141629.jpg
20080427142041.jpg 
ちなみにワタシが写したのは、中は撮影禁止なので・・・
修道院に入る前に撮ったレプリカです。
20080427143035.jpg

 
○サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

by K

イタリア/ミラノ街歩き

「ミラノは東京、フィレンツェは京都、
ローマは大阪だと思ってね!」
今回個人ガイドをお願いしたミラノ在住伊丹さんは、
ドミニコ会シスターのようにきちっとシャツのエリを留めていて、
まるで敬虔なクリスチャンという感じですが、
オペラの勉強でミラノに留学して17年、
ずっとミラノ在住のすてきな女性です。
 
天皇皇后両陛下がミラノにいらした際、
美智子様のアテンドについたときのエピソードを伺いました。
皇后陛下が、スカラ座反対方向の市庁舎に入る前に
何度もスカラ座の方向を振り返り
名残おしそうな風情を拝見したので、
「よろしければ?スカラ座の中をご案内しましょうか?」
とお聞きすると
「ワタシの行動で、50名の警備配置を
変えるわけには行かないので・・・」とおっしゃったとのこと。
そんな彼女のアテンドのお陰で、ミラノの街の観光
名所めぐりもすてきな散策になりました!
 
言わずと知れたミラノの”ドゥオモ”では、目も見張るほどに
きれいだったステンドグラスや大理石のうんちく、
“スカラ座”ではマリア・カラスの生涯にふれて涙を誘い、
“ガレリア”では今度お目見えする6つ星ホテルのオープン裏話や、
ガレリア近くにある「カンパリソーダ」発祥のBARの由来
・・・いくら聞いても溢れるように話が聞けて、
楽しくてわくわくしながら
彼女の話を聞きながらミラノ街歩きをしました。
20080427161247.jpg
20080427161815.jpg
20080427170041.jpg
20080427170106.jpg
20080428094203.jpg
20080428094921.jpg
20080428094934.jpg
20080428101618.jpg 
20080428101938.jpg
20080428102009.jpg
20080428102324.jpg
20080428104927.jpg
20080428104947.jpg
20080428110946.jpg
20080428111424.jpg空気が乾いて甘いのはなぜでしょうか?
この街にいると・・・確かにジェラートが食べたくなります。
そして、それがすごく美味しい。そして、ミラノっ子はすごくおしゃれ!
ココではファッションスナップに事欠かない!
という編集ファッション担当の話は本当なんだなぁ~と実感です。
 
by K

イタリア/ミラノ マルペンサ空港 到着!

20080427015754.jpgミラノの玄関口”MALPENSA”到着してパチリ!
飛行機の中が寒くて・・・
中に長袖シャツを着てベロア・ワンピなので、
なんだかモコモコなんですが、飛行機が良く眠れたので
元気です。
20080427015856.jpg 
ミラノは、乾いた空気の中にフワッ!といい香りがしました。
空港に着いた時の”都市の匂い”は大切なバロメーター・・・
今回の旅は良い”気”をかんじました。

by K

ホリスティック・ブランド YON-KA /HYATT REGENCY HAKONE

「YON-KA(ヨンカ)」は、
本国フランスやアメリカを始め世界各国でアロマセラピー、
及びフィトセラピーによるスキンケアの先駆者と言われる、
フランスにおけるアロマセラピーのトップブランドです。
 
熱心な植物学者であった2人の兄弟によって
1950年代に設立され、「植物ベースの活性成分のみで
肌のバランスを保ち、活性化させ、
すべての人の美容潜在能力を高める」
「肌を労わるだけでなく、肌本来の持つ
生命力を最大限に引き出す」という理念に基づき、
新たな活力やエネルギーをお求めの方にも
ご満足いただける全てを備えている・・・
一言で言うとホリスティックブランドです。
 
ハイアットリージェンシーでは、
最新のYONー施術が受けられます!
また、新宿伊勢丹MEN’S館しか売っていない
「YON-KAMEN」を購入することができます。

20080316152836.jpg 
そうそう、赤坂のSARAS CLINICでは
クリニックとYON-KAのコラボコースがうけられます。

 
○YON-KA
 http://www.yonka.jp/
 
○SARAS clinic
 http://saras.jp/index.html

by K

チョコ&ストロベリー&ワインなお部屋/ハイアットリージェンシー箱根

「YON-KAの最新施術がうけられるので、ぜひ!行ってみて・・・」
YON-KA日本総代理店ヴィセラジャパンの
とてもチャーミングなM社長のおススメを受けて
即行動!箱根へとクルマを飛ばした。
 
どんなに混んでもクルマでうごくのが好き!なのは、
父親ゆずりの遺伝である。
①クルマに乗るか?
②飛行機にのるか?
歩くか?3択しかない父だった。
とにかく父が電車に乗ったのを見たのは?
後にも先にも神戸まで新幹線に一緒に乗った
たった1回だけである。
そんな遺伝を人一倍ゆずりうけたワタシ
も同じく3択生活をしておりますが・・・(苦笑)
 
そんなこんな早春の晴れた行楽日和、
小田原からでは混むとよんで・・・
東名高速を御殿場まで飛ばした。
そして、少し山道を戻るルートを選択。
渋谷ICから1時間で
めざすハイアットリージェンシー箱根へ到着した。
 
そして、通されたのは・・・
チョコ&ストロベリー&ワインなお部屋だった。20080315182554.jpg
ヘブンリーだろうか?
低くて白い大きなベッドに腰かけてうしろに倒れて
手を伸ばすと睡魔が・・・
気を失ったように眠れたのは言うまでもない。

20080315182526.jpg
20080315181307.jpg
20080315182619.jpg
20080315182647.jpg
20080315182702.jpg
20080315182802.jpg
20080315182854.jpg

20080315183049.jpg 
 
○HYATT REGENCY HAKONE
 http://hyattregencyhakone.com/#top

by K

AZVEIL HOTEL&SPA  /熱海

2月のある土曜日の昼下がり・・・
夫婦でまったりしておりました。

「温泉行きたいな~」「行きたいね~」
と、ふと思いついて
一休.comをカチカチとチェック!

今からだから近場がいいな~
しかもエステも受けたいし~
すると・・・当日宿泊がまだ空いていました!
AZVEIL HOTEL&SPA
http://www.azveil.com/

20080216184607.jpgよーし、とそれからパジャマを脱ぎ、
夕方、東京を出発しました。 

熱海は近いですよね。
90分くらいでつきました。
大好きな真鶴道路から見る海の眺めは・・・
残念ながらスッカリ日が暮れていたので
真っ暗でした。

CHECK INして、まずロビーが素敵。
大きなソファーがゆったり配置され、広々としています。
20080216184533.jpgただし、ベルさんの「●●様、ご到着です!」
という大きな声に焦りました。
お忍びかもしれないじゃない!気を使ってよ!と。
まあ、お忍びでも何でもなかったのですが。

お部屋も良かったです。
ベッドはシモンズ社。シックなインテリア。
アメニティはロクシタンでした。

20080216185812.jpg
20080216190058.jpgSPAはシンガポールの
「セント・グレゴリー・スパ」が入っています。
が・・・急に来たため、
予約がいっぱいでスパは受けられず。
それでは!と、、、、
夕食前・夕食後・朝風呂と温泉を堪能しました。
「セント・グレゴリー・スパ」ならラフォーレ原宿に
行けばいいもんね。
熱海までせっかく来たんだから、温泉温泉♪
と負け惜しみを言いつつ・・・

それから・・・
お食事(フレンチ)は正直、残念な感じです。
次回泊まるら、食事は外でとりたいかも。
二木クラブにいたソムリエさんがいて、
ワインはよかったのですが。

翌日、生まれて初めて「イチゴ狩り」に行きました。
イチゴを洗わずに食べることにビックリ!
そしてビニールハウスでホカホカの温かいイチゴに
またビックリ!

20080217121732.jpg
20080217123011.jpg東京より、伊豆はだいぶ暖かかいんですね。
一足はやく春を満喫した週末でした。

by S

Part.2 鳴門パークヒルズ ホテルリッジ/至高のホスピタリティ!「HOTEL RIDGE(ホテルリッジ)」

「鳴門パークヒルズ ホテルリッジ」
楽しみにしていたことは、大きく4つありますが・・・
2つ目をご紹介します。
 
【2】 「HOTEL RIDGE(ホテルリッジ)  『ROOM』」 
とにかく10室しかない。
すべてが一望できるので、迷うこともないし、
部屋の外で人に合うこともほとんどない。
スモール・ラグジュアリーホテルとは?このことだと思った。
 
<RoomNO106>
黒い鉄格子の扉を開けると赤絨毯のように石畳がつづいて、
ガラガラと次の格子戸を開けると、、、、
一段高い石畳から瀬戸内海が見える。部屋エントランス20080209165433.jpg
Roomナンバー20080209165450.jpg“先見(せんけん)”という言葉があるが、ここの足元は暗い・・・
が、先が見えると足元が暗くても意外に平気なんだと感じた。
先にに見えるのが海でなければ?京都の町屋のような構造。
聞くと?鹿島建設の関西設計チームの力作とのこと。
昨今の流行のようでアマンのように緻密に人の心がうなる設計。
傾斜の天井の落差が、
遠近法で奥深く見える落としどころのある設計。廊下①20080209165253.jpg

廊下②20080209165326.jpg
 
中には快適なソファーに大きなテーブル、
快適なヘブンリーベッドにヘッドには書斎テーブルという見事な造り、
ドレッサーにセキュリティBOXに冷蔵庫、
CDにDVDにTVに・・・
必要なものはすべてあって、余計なものは一切ない。
リビング20080209165049.jpg
BedRoom20080209164951.jpg
Bedアップ20080209165542.jpg
デスク20080209164538.jpg
メッセージカード20080209171315.jpgそして、一番見事なものは!
大きな窓から広がる雄大な時間を忘れる景色・・・
瀬戸大橋に鳴門海峡、瀬戸内の島々、行きかう船・・・
羽田で購入した本を膝に置いて、しばし、見とれて
ボ~ッとしていました。。。
こんなキレイな景色が、
まだ日本に残っていたんだと感動する景色。
景色①20080209165124.jpg
景色②20080209165217.jpg 
奥にあるドアを開けると、すごく広いバスルーム。
真ん中には透明なエレベーターかと思うようなシャワールーム。
左奥には黒くて四角い湯船、
右手には全面鏡で広さの演出と明るさを得られる
ウォシュレットとおおきな洗面ボール。
バスルーム入り口20080209164453.jpg
バスルーム20080209164221.jpg
バスタブ20080209164247.jpg
アメニティ②20080209164135.jpg
トイレ20080209164430.jpg
HTL Soap20080209164147.jpgそして、もうひとつ奥のドアからは、
ハダカでもOK!の夕涼みスペース、ウッドチェアが
ふたつ置かれてハワイの箱庭風です。
テラスチェア①20080209164332.jpg
テラスチェア②20080209164402.jpg 
そして、気になるアメニティグッズは?
「アイエス アロマエッセ(ポーラ)」
アメニティ①20080209164029.jpgフルフルラインなので・・・問題なしです。
 
by K